Drum

  bangai_03.gif

スティックまわし

ドラムを叩いてる合間のスティック廻しをご覧になった事ありますか?これがすっごくカッコイイのです。
私が初めて見たのはテレビで「青春の影」をやった時でした。2コーラス目が終わって安部さんのギターが入る直前高く右手をあげて上のほうで「くるっ」っとスティックを廻してシンバル(だったと思う)を思いっきり叩くという姿。思わずテレビに向かって「きゃぁぁ~~、すご~い!」と叫んでいた私です。ドラムって後ろで目立つ事もなく淡々とリズムを刻んでいる地味なパートだと思ってましたがこんな演出のしかたがあったんだぁとやたら感激したものです。
その後TULIPのライブで直接見たという記憶がないのですが、TONYの頃は時々やってました。生で見た時のかっこよさはまた格別。
昨年の再結成ライブでは1つのコンサートで4回はやってます。「一人の部屋」「僕のお嫁さん」「再会の日」「魔法の黄色い靴」の時に見る事ができました。これは名古屋と富山の両方で同じところでやってたので多分お決まりだったのだと思ってます。「僕のお嫁さん」の場合は確実に「見せる事」を意識されてのことだと思いますが、他の3曲は何気に手元で「くるっ」っとやるのです。NHK、BSで放送された映像の中では「僕のお嫁さん」のものは確実に分かりますが、もう一個所会場全体が見えるくらいカメラが退いて映しておりましたが「再会の日」が始まる直前スティックを廻してから思いっきりシンバルを叩き付ける姿がしっかりと映ってます。ビデオにとってある方確認してみてね。小さすぎて残念ですが、とにかくカッコイイのです。

スティック交換

スティックというのは消耗品のようでコンサートの途中でも何度か取り替えられるものだと聞いてます。交換の目安など分かりませんが曲の途中で折れてしまう事もあるようでそんな時はすぐに交換されているのです。昔のテレビでも一度見た事がありますが、なんと昨年の武道館のビデオ(ビクターから発売されたもの)の中にその様子が見る事ができるのです。ドラムを叩きながら折れたスティックを後ろのほうに放り投げスティックケースから新しいものをさっと取り出して素知らぬ顔で叩きつづけるのです。ほんの一瞬の出来事です。ビデオの中にこの姿を見つけた時のうれしかったこと!やっぱり「きゃぁ、かっこよかぁ」なのです。
さて、このスティック交換どこでやっているかあえて書きません。ビデオをお持ちの方じっくりと捜して見てください。